出会い系サイトでたくさんメールを送っているのにぜんぜん返事が来ない……。

そんなふうに悩んでいませんか?

本日は、出会い系サイトで返信率をアップさせる5つの手法をお送りします。

ぜひ、これらのことに気をつけて、出会いを成功させてください。

メールに写真を添える

いくらいいことを書いていても、見た目がどんな人か分からなければ不安感が払拭されません。男性に比べて女性は見た目で人を判断しないと言われますが、それでもどんな雰囲気かは知りたいもの。

単純にイケメンかブサイクかだけで判断するのではなく、「安心できそうなオーラが漂っているか」を女性は判断します。

メール添付なら公に公開されるわけではないので、その人だけに見せることになります。プロフィールに登録しても良いのですが、不特定多数の人に見られたくないという人はメールからの写真添付を第一に考えてみてはいかがでしょう。

最近はどこの出会い系サイトでも写真添付が可能です。ただ中には写真添付にお金がかかってしまうものもあるので、利用前にしっかりとチェックしておきましょう。

写真を添付する際はプリクラ写真のような加工したものではなく、自然なものの方が判断がつきやすいので反応が良いです。ちょっと全体を明るくしたり、モノトーンにするなど味のある写真にする分には、大丈夫です。

自分自身に細工はかけないようにしましょう。

写真を添付するだけで返信率に違いが出てきます。

プロフィールは面倒がらずに全て登録

出会い系サイトは最初にプロフィール登録をしますが、全てをしっかり登録しようと思うと、おそらくそれだけで1時間近くかかるでしょう。

ここをおろそかにしちゃう人が実は多いです。住んでいる地域や職業はもちろんのこと、自分の性格や趣味などもできるだけ具体的に書いた方が返信率がアップします。

例えば、性格も「優しい」とだけ書くと、いまいち伝わりません。

「自分は穏やかな性格で、友達や家族と喧嘩した記憶もないぐらいです。のんびりとメールできるのが自分の持ち味(笑)」

ぐらいまで書くと、その性格がよりわかりやすくなります。

女性はできるだけ不安要素を払拭したいと思っているので、相手の素性が分かる内容がベストです。

例えば「どんな仕事をしているのか」、「どんなところで遊んでいるのか」、「どんな女性を望んでいるのか」など。

箇条書きで済ませるのではなく、できれば文章でアピールした方が良いです。

「すぐに会いたい」という表現は使わない

本音としてはすぐに会いたいと思っていても、それを匂わすような発言は控えた方が無難です。

例えば下記のような発言をすると、あまり反応が良くなく、返信率も低いです。

  • 「飲みに行くのが好きなので、誰か一緒に飲みに行きましょう!」
  • 「ドライブデートが好きなので暇な方いませんか?」
  • 「土曜日の夜、空いているので会いましょう!」
  • 「彼女募集中です。平日夕方からならいつでも大丈夫です!」

こういったちょっと、がっついたような文章があると女性は引く傾向があります。

逆に客引きをやっているキャバクラ嬢などに勧誘されてしまう可能性があるので注意しましょう。

プロフィールはちょっとおとなしめに、「どなたか気の合う女性とゆっくり話せればいいなと思っています。」ぐらいのほうが第1印象として安心感を与えます。

愚痴がありそうな女性を狙う

例えば仕事の愚痴や恋愛の愚痴を聞くというのは、正直楽しいものではありませんよね。それでも愚痴を言っている方の立場からすると、聞いてもらうことで少しは癒しの気持ちを持つことができます。

嫌なことを積極的に聞いて慰めてあげると、気を良くする女性がとても多いです。仮に話を聞いていて、「それはあなた(女性)が悪いんじゃないの?」と思うようなことでも、女性側の立場に立ってあげることが大切。

何かアドバイスをしてあげるというより、とりあえず聞いてあげて同じ立場に立ってあげればそれだけで十分です。

例えば女性のプロフィールを見るだけで、ちょっと悩みを抱えているかどうかもわかります。

書き込み内容として、

  • 「彼氏がしばらくいなくて寂しい」
  • 「毎日仕事ばかりで出会いがない」

などの書き込みがあれば、ちょっとネガティブな思考になっている可能性があります。

そういった女性は心の隙間があるので、返信率が高くなる傾向があります。

相手を見極める

メッセージを送信するときに写真を添付したり、プロフィールをしっかり埋めてもやっぱり返信が来ない人は存在します。

それは、そもそも返信する可能性が低い女性にメールを送ってしまっているのでは。めんどくさがりで、ほとんど返信しない女性もいます。

「この人だったら返信が来るかもしれない」という相手を見極めることも大切。

返信率をアップするなら、下記のような女性を狙ってみましょう。

  • メール受信数が少ない
  • 掲示板に書き込みがある
  • 掲示板に複数回書き込みがある
  • ログイン履歴が1時間以内
  • 30代や40代
  • 写真がない

上記のような女性はチャンスがあります。

サイトによっては現時点で何通のメールを受信しているかという表示がされているものもあります。

そして掲示板にも書き込みをしている女性は、メール受信だけでは物足りずもっと連絡が欲しいという証。

ログイン履歴が近々だと、まだサイトを見ている可能性があります。

そして30代や40代は、やはり20代女性よりメールを受け取る数が少ないので狙い目。

そして写真を登録している女性にはメールが殺到するので、チャンスが低くなる傾向があります。