出会い系サイトでモテるメールを書くための便利で細かなテクニックです

メールの心理的な面に関しては「出会い系サイトで絶対に好感をもってもらえるメール」にまとまっています。「好感を持ってもらえるメール」を贈りたい方は必見。

  • 適当な長さ(相手と同じ長さ等)のメールにしてその中に相手の名前を2~3回入れる。そうすれば、あなたに送ったメールということをしっかりと女性のほうに意識させることが出来ます。名前がないと大量に送られたコピペメールのような印象を与えてしまいます。また、名前を呼ばれることによって親近感も沸くことでしょう。
  • ネガティブなことを書かない(どうしても書く必要がある時は表現を和らげてフォローを入れる)
    例1:背が低い→小柄ですけど元気いっぱいです
    例2:太っている→ちょっと大柄ですが、同じぐらい心も大きいです
  • 書いたメールをしばらく時間を置いてから再度、見直して送信する。
  • 相手の褒められたがっている点をみつけさりげなく褒める。
  • 目的が同じ相手の中で、掲示板の書き込みが最近に書かれた順に送信する。
  • すぎる文章はNG 。「お願いいたします」「そうなのでしょうか?」など硬過ぎる文章は、つまらない男の印象を与えてしまうかもしれません。敬語を使う場合も「お願いします」や「そうなんですか?」程度にとどめましょう。
  • 質問をしておく。やはり質問がされては答えたくなるもので、返信もその質問に対する答えなど書くことができるので返信しやすくなるものです。メールの最後は質問で終わらせるようにすればいいです。
  • 顔文字は多用してはいけません。軽い印象をもたれるしバカっぽく見えます。もちろん多少であれば効果的だったりします。
  • いきなりエッチなメールをガンガン送ってはいけません。仲良くなってからならいいんですが、最初からだと普通はそんなので返事はきません。それで返事がくるのは冷やかしかサクラです。
  • あまりにも短文なメールを送ってはいけません。女性はあまりに短文なメールだと自分が軽く扱われると感じます。ある程度の長さが必要です。
  • 他人の誹謗中傷をしてはいけません。芸能人やスポーツ選手を非難しても行けません。ネガティブなことをいう人はちょっと怖い感じがしてしまいます。批判的な人は嫌がられるのです。プライベートでも注意しましょう。あくまで基本レベルの注意点です。これだけは最低限気をつけて下さい。