ここではセフレの関係になるまでの期間を検証します。

セフレの関係になるのが早い人だと1週間、遅い人だと1ヶ月くらいかかるケースがあります。

具体的にどんな関係になってくれば、互いにOKのサインを出し合っているといえるのか。

メールでどんな気持ちなのか、読み取ることができます。

1.まだまだ時間がかかるメールの例文

よそよそしい内容や距離感を感じさせるような言葉使いだと、セフレの関係になるにはまだ時間がかかります。その場合はまだ急激に距離を詰めずに、とりあえず親密度を徐々にアップさせることが必要。

下記のような文面が散りばめられている内容だと、まだまだセフレの関係になるには時間がかかるでしょう。

  • 「◯◯さんと話していると楽しいです」
  • 「今日は仕事で忙しかったので、またあとで連絡しますね」
  • 「最近は時間がなくて、あんまり遊びに行こうと思わないんですよ」

上記のような文面だと、まだまだセフレのチャンスはゼロ……。

厳しい理由として、

  • 相手を「さん付け」で呼ぶ
  • 忙しいとよく口にしている
  • 「会いたい」という言葉が出てこない

こういった状況では、急激に距離を詰めても嫌われてしまうだけです。

もうちょっと相手の様子を伺って、暇なときに話しかけたり、悩み相談に乗るなど心の距離を詰めていくことが必要です。

2.会うことに抵抗がなくなってきているメールの例文

数回メールやLINEのやりとりをして、徐々に相手との距離が詰まってくると、冗談を言ったり、くだけた文章を送ってくるときもあります。

具体的には下記のような内容です。

  • 「最近花火大会とかやっていて行きたいな!」
  • 「今年の夏はまだ全然楽しめていない」
  • 「最近、仕事終わりの時間の使い方に悩んでる」

こんな内容なら、そろそろ誘えるチャンスです。

直接、「誘ってほしい」という言葉を使わなくても、相手に誘える隙を与えているときは、「誘っても断らないよ」という心理が読み取れます。

  • 「今度の土曜日、花火大会があるんだけど行かない?」
  • 「最近は暑いし、カラオケでも行かない?」
  • 「俺がよく行く居酒屋はカクテルがたくさんあって、女の人は多分好きだと思うんだけど、一緒に行かない?」

上記のように、「何か楽しそうと思える内容」を盛り込んで誘うのがベスト! ただ会おうと言うより、「興味があるから行ってみたい」と思わせることが必要です。

3.積極的に会う意志を感じさせるメールの例文

メールの内容によって、積極的に女性のほうから会いたいという意識を感じさせるケースもあります。

その場合は回りくどい言い方ではなく、直球で勝負しましょう。具体的には下記のような内容を女性が送ってきたら、迷わず誘いましょう。

  • 「◯◯くんちは、家から結構近いからいつでも会えるね」
  • 「たまには時間も気にせず朝まで遊びたいな~」
  • 「ひとり暮らしだから、休みの日に1人で家にいるのは凹む……」
  • 「どっか美味しいご飯屋さんある?連れて行ってよ~」

あからさまに誘ってもらうことを前提としたメールが送られてくれば、99%誘ってOKでしょう。

メール内容で相手の出方を伺う

上記のメールのやり取りで、2、3日以内に3までの関係になっていれば、1週間以内にセフレになれるチャンスあり!
食事やご飯に行った帰り際にでも、誘ってみてはいかがでしょうか。

逆に1の段階から1週間以上変化がない場合は、セフレまで1ヶ月かかってしまうペース。まずはメールでお互いの距離が感じさせないような、くだけた話をすることが必要です。

相手に合わせて硬い感じになると、いつまで経っても歩み寄れないので、恋愛モードになるような質問をいくつかしてみましょう。

  • 「前の彼氏とは何で別れちゃったの?」
  • 「今好きな人はいないの?」
  • 「最近の生活で出会いのチャンスはあるの?」
  • 「休みの日とか何してるの?」

こういった質問をすることで相手が自分に興味を持っているんだなと女性は感じるので、前向きに話してくれる人が多いです。1の段階ではセフレという目標をまず捨てて、相手が警戒心をなくすようなメールを送ってくるまでチャンスをうかがいます。

女性は話を聞いてくれる男性が好きなので、女性を慰めながら話を聞く期間と割り切りましょう。

こんな場合はあきらめろ!

メールのやりとりをしてて、常にガードが固く、全く③の段階までたどり着けない場合もあります。

もし1ヶ月経っても状況が変わらなければ、その女性がセフレになる可能性は低いでしょう。あるいは、本能を隠し持っているだけで本当は会うことに積極的なタイプもいるかもしれませんので、ダメ元で誘ってみるのも一つの手段!

メールで3の段階まで引っ張ってから会ったほうが、セフレになる可能性は高いですが、1の段階でも返信速度が速かったり、メール頻度が多ければ、急に関係が進展することも珍しくありません。

もし歩み寄る雰囲気が無ければ、フェードアウトしてターゲットを変えましょう。